必読合格できる人の直前の過ごし方

こんにちは、りさです!

今回は

合格できる人が実践した

受験直前期の過ごし方

についてお話します。

試験を受ける時は1人ですが

あなたは決して一人ではありません

受験勉強は絶対一人では出来ません

そもそも毎日あなたはおなかがすいたらご飯

を当たり前のように食べますよね?

あなたは毎日勉強しますよね?

毎日嫌でも勉強ができるのは

とても幸せなことなのです。

国によっては学校に行けない、

教育を十分に受けられない人も沢山います。

そもそも平和でなければ、

勉強なんて後回しで徴兵されるかも

しれないのです。

勉強に没頭できる環境があるあなたは

とても恵まれています。

両親にも感謝ですね。

なぜなら、

学費を払ってもらって

毎日おいしいご飯を食べさせてくれて

私たちを養ってくれています。

お父さんお母さんがどれほど苦労しているか。

大学生になってアルバイトをして

社会を知ったらその大変さを

さらに身をもって感じるでしょう。

自分1人養うだけでも本当に大変です。

それを何の見返りもなく

1人の子供に、あるいは2人や3人と

1人の人間の人生全てを

自分のお金で賄うというのは

並大抵の覚悟では出来ません。

お父さんお母さんは

私たちを産むことを決めた時、

そして実際に産んだ時、

責任をもって養う覚悟をしたはずです。

ひょっとしたら、いま、

両親との関係が悪いのかもしれません。

でも、その事実があることだけでも

知ってほしいです。

両親のおかげで

勉強に打ち込んで

幸せに毎日を送ることが出来ています。

何が言いたいかというと、

試験当日、

電車や受験会場でライバルを見かける。

その瞬間、

緊張や不安や先行き見えない心配で

自分を見失いそうになるかもしれません。

そんな時に、

両親、戦友、先生

のことを思い出してください。

自然と感謝の気持ちでいっぱいになり、

さっきまでの緊張や不安は

不思議なことにどこかへ行ってしまします。

逆に、感謝の気持ちを忘れて試験に挑めば

あなたは確実にただならぬ緊張感と不安感

を抱えたまま、

実力を発揮できず、

不完全燃焼で泣きながら

受験地を後にするかもしれません。

生きている喜び、

ご飯を食べられる喜び、

ゆっくり眠れる喜び、

友達と笑いあえる喜び、

勉強ができる喜び、

まさに受験のような

結果だけが求められる戦いに

身を置いていると、

そんな当たり前の事が

かけがえのないことだなんて

気づかなくなります。

あなたは

合格がほしいから本気で勉強してきました。

死ぬほど勉強した!

腱鞘炎になるかと思った!

勉強のし過ぎで点滴をうちに言った!

など受験のエピソード

はそれぞれあると思います。

それだけ頑張ったのなら

あとの結果は神に任せましょう。

本気で頑張った人には

それだけの結果が

必ずやってきます。

必ず。

私も受験当日に両親に

今まで本当にありがとうございました!

精一杯頑張ってきます!

と言いました。

今でも

あの時は涙が出るほどうれしかった

と冬になると言ってくれます。

感謝は心の中に秘めているよりも

口に出したほうが言うとすっきりしますし、

相手にもダイレクトに伝わります。

今日は、以上。

ぜひ何かに感謝の気持ちをもって

勉強するなら勉強

受験前日なら気持ちを落ち着けて

しっかり頑張っていきましょう!

今日もブログを読んでくださり、

本当にありがとうございます!!

感謝!!!