人は必要以上に

外部からの偏見・差別にせよ。

そのまま。

自分への偏見・差別により。

深い傷を負っていたり

するのね。と。

何かの分別や区別が

できてないと。

それに執着し、固執さえ

してしまい。

いや、そういう矢面に

たたされるのだろうか。

と。

健気だなと。

愛しいなと。

慈しみを覚えて。

抱きしめたくなる。

あなたは。たとえそれが

貴女の弱さからだと

してもたくさんのものを下さり。

大切に想った人だから。

そんなもう傷つけなくてもいいよと

慰めたくなる。

君の涙と慰みの意味も今それで

なんだか知った。

広告を非表示にする