超能力オナニストは実在した!?誰もいないのにアソコをくわえられて…

先ほど見た夢の話。

ラーメン屋での仕事中の夢。

沖縄にいるはずの友人hの奥さんaと

昼間働いている弁当屋の大学生nさんが何故かここつくば市のラーメン屋で宝と働いていた。

2人と話していると、下半身がもぞもぞする。

「!」

宝の下半身を誰かがおしゃぶりしてる。

aに「誰かがオレにフェラチオしてるんだけど」と言おうとすると、ものすごいテクニックで話せなくなる。

この2人の前で、正体不明の人物にイカされるトコを見せるのは、何だかためらいがある。

しかし会話を続けながら、aの前であえいでいる宝は、端から見れば十分怪しいに違いない。自分でそれを自覚できるほどに宝の下半身は容赦なく責められていた。

もうイッても構わないと覚悟を決めた瞬間、口の動きが止まった。一応くわえられている状態だが、それだけ。口内の動きが完全に止まっている。ただ、呼吸の感触は伝わってくる。

次第にコレが夢だと気付くが、くわえられている感触は残っている。てゆーかちょっと痛い。どれくらいの痛さかというと、サイズの合わないコンドームで締め付けられているような痛みだ。

どれくらいの時間が経ったか、宝は意を決して目を開ける。そこにはもちろん誰もいないし、何もない。宝のお宝がそこにはあった。

明日は続きが見れるのだろうか?

■FBIに超能力捜査官なんていない! 「ズバリ的中」のカラクリと「超能力」がテレビから消えた理由

(ウィズニュース - 06月01日 07:02)