昨日も濃い一日でした。

 昨日は不動明王の御縁日と月例会が重なり、正午から不動明王に皆で読経し、しっかり浄化して、その後休憩を挟んでいつも通り月例会を行ないました。

護身法を初級、中級、上級と内弟子や妻に任せて、私はそれぞれをチェックして回っていますが、皆さんの成長と進歩が著しく、驚かされました。

特に中級の名古屋からやって来ている女性、出て来る気が済み切っていて、邪気が消えて、すっきりと広がっていて、大きな成長を感じさせて貰いました。

また、空手をやっている人、舞楽をやっている人など、それぞれの得意分野を意識して護身法をやって貰うと、その瞬間から護身法に芯が出来て品が良くなって、意識の持ち方が如何に大切か実感して貰えたと思います。

 その後、太極拳の指導を内弟子にやって貰いましたが、推手の動きの指導の中から内弟子と私で推手の見本を披露したり、そこから何故か護身術の方に向いて仕舞って、身体の使い方や意識の持ち方の奥深さ等の一端をお伝え出来たと思います。

 その後は、歓談しながら、気療も何人も内弟子がやってくれて、夜遅くなってからはとても高度で深い話に進んで行きました。

神の言葉が内弟子に降りて来たり、またブリタニア最高の魔術師と云われたメルリンの言葉が巫女の魂を持つ女性に降りて来たり、これからの注意や指示など、それぞれに必要な御神示があったりと、凄い展開になって行きました。

気がついたら真夜中、明日仕事ですと云いながら、皆さん元気で目がキラキラしていて、素晴らしかったですね。

最後の人が終って帰られた時は、3時でした。

長く、でもとても充実した月例会でした。

 と、今日は急遽御依頼が入り、午後に内弟子に来て貰って、奠供と理趣経の響きの中、仏舎利の入魂を行いました。

内弟子も得難いものを霊視した様でした。

ネガティブではなく、ポジティブに未来への力となる様に祈ると云うのは、同じ祈りでも心地良く楽しいものだと実感した様です。