エッセイ「藤澤厩舎の悲願」

藤澤和雄調教師の初G1制覇はマイルチャンピオンシップでのシンコウラブリィであった。

後にダンスインザムード、スティンガーなどで牝馬にも強いイメージがあった。

ただ、オークスは鬼門という現状。

スティンガー四着、ダンスインザムード四着と苦戦が続く。

バウンスシャッセで馬券圏内の三着もあった。

昨年は惜しくもチェッキーノでの二着に惜敗となる。

そしてようやく今年はソウルスターリングで初の戴冠となった。

藤澤和雄の悲願の瞬間でもあった。

だけど、本当の悲願は来週の東京優駿のレイデオロだと思うのは僕だけでないはずだ。