「東北の桜」

ハレの日の

宴漫ろに舞う月夜

日々の情忘れて流れるこの月よ

ちょっとエッチな詩です

広告を非表示にする