読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日(嘘)

今日はねむかった。

今日は昔のことを思い出した。

懐かしいなぁ。

「確かに。あの頃は楽しかったよな」

でも、昔のことなのに意外と鮮明に覚えてるよな。

「分かる。随分昔のことなのに、昨日のことのようだよな」

なー。

じゃああの頃よく行ってた飯屋で昼飯食わねぇか?

「いいね。どこがいいかな」

ハンバーグ美々頭のサイコロハンバーグ。

「小勇気のビッグチキンカツ」

本格手打ちうどん杵のふわふわおじや。

「有機野菜食堂テトリスのサラダカレー」

女人禁制ラーメン屋Wemonのレディースセット。

「言い出したらキリがないな」

でも懐かしいのに味が鮮明に浮かぶんだよな。

「そうなんだよ。それだけ好きだったし、何度も行ってるんだよなぁ」

どこ行こうかなぁ。

「んー、迷うな…あ。昨日は昼なに食った?」

えーと。

えー…

なんだっけ…

「なんだよ。昨日と被らないようにしたら、少しは絞れると思ったのに」

んー…

じゃあお前は何食ったんだ?

「え?えーと………なんだっけ…?」

ほらみろ。

お前だって思い出せないじゃないか。

「いや、でも確かに訊かれるとなんか浮かばないよな…」

なんか悔しいから、ちゃんと思い出してから飯屋食おうぜ。

「よし。えーと…」

えーと…

「食ってない…ことはないんだよな…」

外で食ったことは確か…なハズ…

「んー…」

んー…

「…」

「…」

「…」

「…だめだ…全然思い出せない…」

俺も…

なんでだろう…

「昔のことはこんなに鮮明になのに…」

昨日のことなのに、随分昔のことのようだな…