読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小澤征爾のカルメン

本日、名古屋芸術文化センター大ホールにてビゼー作曲のカルメンが上演された。ちょっと高かったけど、NHKの昨年のクラシックハイライトを聴いて素晴らしかったので、逃すまいとチケットを買ったのであった。

随一の傑作オペラだけあって、美しいメロディーの宝庫。リズムに特色があり、フラメンコの舞踏も魅力で、四幕の起承転結の劇的構成で、声を伴った交響曲でもあると私は思った。シンフォニックな音楽の盛り上がりがあり、エキゾチックでもある数々のアリアの美しさと合唱の迫力とともに、戯曲の真実―命がけで生きることが、心に突き刺さった。自由、情熱など劇の美しさは、激しすぎる程でもあるが、現代人に見られない原初的(プリミティブ)なものが、太陽を思わせる劇舞台にあって、夢を思わせた。

魅力的なオペラを音楽監督の小澤征爾さん、本当にありがとうございました。

オペラが終わって舞台に対し、フーッともワーッとも、息をのむような声が響き渡たった。主役歌手陣に代表される、オペラの総合芸術に対し、感謝及び感激、感動を新たにしました。