無くなる言葉「半クラッチ」「お金」

先日からパートの仕事で使う軽トラが

ミッションからオートマになりました。

僕は免許を取って自家用車はミッションです。

クラッチのある車しか買ったことがありません。

新しい社員を採用するとき

「オートマしか運転できません」と言われます。

当然会社の車はオートマに変わるんですね。

オートマでの運転はすぐ慣れるんですけどね

帰宅するときの運転が困ります。

信号で止まるときクラッチを踏まない。(笑)

停止直前にノッキングというのを起こします。

「ノッキング」って知ってますか?

高速用のギアで低速になると

車がガックンガックン振動を起こすんです。

これを「ノッキング」と言います。

ほとんどの人が知らない言葉ですね。

それで思い出すのが自動車学校の時です。

指導員をしていたころの話です。

車庫入れに入るとき「半クラッチを使ってね」

そう言うと警笛をパンッと鳴らすんです。

半分クラクションを鳴らすと思ったみたいです。

ミッション車はクラッチを踏んで

ギアを変えるチェンジの切り替えをします。

オートマチック車はそんなことは無いです。

オートマが主流になると使わなくなる言葉。

エンジンブレーキ」も思い出しますよ。

フットブレーキサイドブレーキは見えるけど

エンジンブレーキが何処にあるのかわからない。

目に見えないエンジンブレーキの説明は難しい。

走って体で感じないと理解は難しいですね。

電気自動車が主流になれば

エンジンブレーキも死語になるんでしょうかね。

ところで

「お金って何?」「利益って何?」

「損得勘定ってどんな感情なのかしら?」

そんな会話が訪れる未来はいつごろでしょうね。

早くそういう未来が来るように考えました。

世界平和とお金のない世界を実現する小説。

題名「12歳の少年が世界を変える!?」

http://ncode.syosetu.com/n3484dq/

【連続小説】12歳の少年が世界を変える第1話

https://www.youtube.com/watch?v=FlHQy_KQfQQ&list=PL9UJQ57g66PEB7zZpGHYsvNzZJPCl_3ct