読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野平(その4)

平成29年2月13日(月)、青森県の廃村めぐり、

野平小中学校跡からは、電話ボックスに向かって来た道を戻った。

道の左右には多くの家々が残っている。

開拓集落だけあって、家々は広範囲に散らばって建っていたようだ。

野平高原は、ダイコンやレタスなどの産地で、

放牧も行われているとのこと。

真冬は人の気配がない野平だが、春夏秋はふつうに地域の方の姿が

見られるのかもしれない。

 画像1 野平・サイロがある家屋

 画像2 雪に埋もれた軽トラが停まる家屋

 画像3 雪原の向こうにある背の高い家屋

 (2017年2月13日(月)午前9時30分頃)