目的の為に食べる食事

旨い物

好きな物

食べやすい物

人だけでなく生物は、それらを好んで選んで食べます。

しかし人間は、それに逆らって食べる事が出来ます。

逆に言うと、人間しかそれを出来ないかも知れません。

しかしこの行動が体を作るためにとても役立ちますし重要なんですね。

私は体の形成材料を投入する為にこの食事法を時々行います。

「この食事には目的がある。そのファッキン目的とは筋肉を付ける為だ。楽しみとして喰う飯じゃない。」

こんな事をリッチ・ピアーナ氏も言っていました。

実はこの行動にはしっかりと効果がある事が解ってきています。

アメリカでは「サプリの使いすぎと乱用」が現在問題視されている様で、使うサプリの効果を知らないで使うと言うイカれた事をしてる人が多いそうです。

結果、体調を崩す事や取りすぎによる疾患を起こしてしまう事が問題視されているんですね。

まあ、これを考えるとサプリは「取りすぎ」と言う問題点にぶつかる訳ですよ。

話が若干それました、サプリより食事を優先すべき理由についてお話しします。

それは、人間の脳が認識していると言う事です。

サプリは錠剤、粉末、カプセル等々。

書いてないと何だかわかりませんよね。

食品となると、見た目、香り、味、食感。

そう、これらが一番の認識になっているそうです。

つまり脳は認識出来ないと、取り入れた栄養素を上手く使えないと言う事なんです。

それで食品から摂れって事なんですね。

皆さんも是非、この手法を取り入れてみてください。