HSPとは

ラジオで女医さんが、話していた症状にHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)がある。

繊細で、敏感で、生きづらい気持ちを抱えている人が増えていると言われています。

それは、罪でも、病気でもなく、HSPの可能性があります。

と述べていました。

日本人に多く、

5人に1人がHSPとのこと。

繊細で、真面目で、引っ込み思案、神経質、打たれ弱い、感受性が強い、人とのコミュニケーションが苦手などの特性がある人。

1.自分を取り巻く環境の微妙な変化によく気づくほうだ。

2.他人の気分に左右される。

3.痛みにとても敏感である。

4.カフェインに敏感に反応する。

5.明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい。

6.豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい。

7.騒音に悩まされやすい。

8.美術や音楽に深く心が動かされる。

9.とても良心的である。

10.すぐにビックリする。

半分以上「はい」と答えた人はHSPという。

HSPとは

「生まれもった心」

のこと。

繊細で人の気持ちや、周囲の空気に非情に敏感な性格のことを言います。

対処法は、自分はHSPだと認めることで、

気持ちが楽になるといいます。

自分の性格だからと

肯定していれば

いいのです。

繊細な性格の人は

悩みが多いのですね。

周りも理解してあげないとね。

今日の気づきになれば

合掌

広告を非表示にする