読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーエンズ タランティーノ ジェイソン・リー

パトリシア・アークエットはスコセッシとリンチにおいて、パンキッシュでミステリアスなムードをそれぞれにおいて違ったセンスで表現していたけれど、かのジェニファー・ジェイソン・リーもまた、コーエンズとタランティーノで凄みある女性像をそれぞれ違った形で表している。

コーエンズにおける彼女が演じる記者は、キャプラやハワード・ホークスのコメディに出てくる女性像を、女性の社会進出が起こる時代のあるがままのNYに甦らせている。

コーエンズが描く女性は、はっきりとした意思を見せる女性が多いな。赤ちゃん泥棒のホリーハンターやこのジェニファー・ジェイソン・リーキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、バーバーのスカーレット・ヨハンソンなど、そうである。そこには頭の弱い、いわゆる“ちょっといい女”的な要素が入っている。

パトリシア・アークエットはスコセッシとリンチにおいて、パンキッシュでミステリアスなムードをそれぞれにおいて違ったセンスで表現していたけれど、かのジェニファー・ジェイソン・リーもまた、コーエンズとタランティーノで凄みある女性像をそれぞれ違った形で表している。

タランティーノにおける彼女が演じる悪人は、ラストは悪の象徴というより、憎しみが満ちる世界におけるスケープゴートとして描き出される。

タランティーノが表す女性は、ヴァイオレートな女性が多いな。暴力的である。でもここにも、頭の弱い、いわゆる“ちょっといい女”的なイメージが書き足されている。ブリジット・フォンダパルプ・フィクションユマ・サーマンデス・プルーフキル・ビルの娘たちにはそれが表されている。