あなたを悩ます煩悩について考える 4 

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

 2017年 平成29年 

 3・15(水)

   あなたをなやます   

   煩悩(反射的反応)について考える4

   お客が食べなかったごちそうは

   誰のものか

                 

           

 姫野です。

 今日京都は晴れ間もあり日も差しているのに

 周りの雲から小雨が降り、風も強い一日でした。

  

 ど〜も、いかがお過ごしでしょうか。

 今日は雨と強風に悩まされながら

 自転車で御所の近くまで

 ちょっと用足しに出かけました。

 お昼は同志社大学近くの定食屋で彩定食

 (850円)をいただきました。

   風吹けば 峰にわかるる 白雲の

     絶えてつれなき  君が心か

             壬生忠岑

  (意)

  人の心の移ろいやすさを嘆く歌です。

  僕はしかし、人の心の移ろいやすさも

  また一つの人生の一面としてよいものだ。

  などと最近は感じるようになりました。

  (やばい、僕も枯れてきたのでしょうか…)

  

  「たとえ相手がつれなくても、変わらぬ愛を

   静かに胸に秘めていたいものだな〜」

  

   などと、少し口をすぼめて想うのです。

   あなたはいかがでしょうか。

   

 さて

 あなたを悩ます、あなたの意思に反する

 反射的反応についての話の続きです。

 お釈迦さまは、激しく感情的になり、

 口汚く非難するバラモン僧に問いました。

 せっかく用意した、たくさんのごちそうを

 その客さんが食べなかった場合、

 そのごちそうは誰のものか。

 もちろん

 用意した人のものでしょう。

 仏陀

 「私は悪いがあなたのごちそうは食べない」

  そう答えたのです。

 人はときに、他の人の反感や非難に悩みます。

 その一つのよい対処法がこのブッダのように

 「反応しない」

 「いたずらに反応しない」

  反応しないと

  その口汚い非難の言葉は誰のものでしょう。

 通常の反応は

 こちらも感情的になり

 激しく倍にしてやり返す。

 ひどいと殴り合いのけんかになる。

 不機嫌に黙り込む

 などが多いです。

 でも、「反応しない」というのも

 とてもよい対処法だと思います。

 

 確か柔道の名人

 三船十段の言葉だったと思います。

 「押さば回れ、引かば斜めに」

 通常押されると、まっすぐ引きます。

 また相手が引くとそのまま直線的に押します。

 そうではなく

 押されたときは、

 身体をその場でくるとまわして力を受け流す。

 相手が引いた時には、斜めに押す。

 

 僕は

 これは人生にも応用できる言葉だと思います。

   

 あなたの反応は

 いつもどうしているでしょうか。

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 案ずるな嘆くな必ず救うてやる!

 大乗仏教のこころです。

 ひとしく人として生まれて

 不幸な人など

 この世にいてよいはずがありません

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 あなたは身体ではありません。

 できると信じればできる。