読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月23日の誕生花・カンパニュラ

4月23日の誕生花と花言葉は、桔梗[ききょう](優しい温かさ・やさしい愛情・誠実・変わらぬ愛・従順)、ローズマリー(思い出)、ニワゼキショウ(繁栄・豊かな感情・豊富)等々があります。今回は、カンパニュラ(風鈴草[ふうりんそう])を取り上げます。花言葉は、「節操」です。

キキョウ科カンパニュラ属の植物で、ヨーロッパ、西アジアが原産地です。カンパニュラの名前は、「鐘形(Campana)」の意味から付けられた名前です。和名は、釣鐘草、風鈴草と呼ばれ、英名では、ベルフラワーと呼ばれています。

運気UPしようo(^-^峰聖)o..♪

あなたが、踏出す、一歩のために .o(^-^幸) o.!

気風環境で運気UPしよう

<風水の3ポイント>

1.風水は掃除と整頓が大切…汚いところに幸運の運気アップが訪れることはありません。「整理整頓」「掃除」をしてキレイにしておくことが運気を上げてラッキーを掴む基本です。

2.不要になったもの使わないものは捨てる…不要なものや使わなくなったもの、古くよれよれになったものは風水では悪い気がよどんで停滞するといわれています。思い切って捨てましょう。

3.ラッキーアイテムや縁起物を置く…風水ではインテリアやアクセサリー、小物や雑貨さらに「色」など風水アイテムを取り入れて運気アップが可能とされています。

<玄関に変化を与えて幸運を呼び込む7つの方法>

その1:こまめに掃除をして清潔に保つようにする

汚れているところに良い運気はやってきません。特に運気の入り口である玄関は、家の中のどこよりもキレイでなければならないのです。まずは玄関の隅々や下駄箱の中まで掃除をしましょう。ゴミや埃を取り除いた後、塩水でしぼった清潔な雑巾でたたきを拭くと、悪い気を水と塩で浄化することになるので効果的です。また、ドアノブは人の手が直接触れる場所なので、キレイに拭くように注意しましょう。玄関を毎日掃除するのは大変ですが、少しでも手を加えて清潔に保つ努力が幸運を呼び込みます。

その2:明るい玄関を演出する

明るい玄関が幸運を呼び込みます。風水では従来、南向きの玄関が良いと言われてきましたが、それは太陽光が差し込む方角であるからです。理想は自然の太陽光が入る玄関ですが、建物の構造上で難しい場合は照明で明るさを演出しましょう。まずは電球が古くなっていないか確認してください。新しいものに交換する時は、昼間の太陽光に近い色のものを選ぶと効果的です。また、天井からの照明だけでは暗い場合は、ライトやランプなどを置いてみましょう。

その3:たたきに物を置かないようにする

風水では広くて開放的な玄関が理想とされています。清潔なたたきがいつも見えるように、物を置かないようにしましょう。趣味に使うかさばる道具やペット用品を置いている方も多いと思いますが、運気が入る妨げになるので注意してください。また、脱ぎっぱなしの靴が玄関に散乱していると運気が下がります。玄関はその家を象徴する場所。汚れた靴を出したままにしておくことは、その場所を踏みつけることになってしまいます。靴は汚れを落としてからきちんと靴箱に入れましょう。

その4:玄関マットを置いて悪い運気をシャットダウンする

玄関マットは敷くだけで運気を上げる便利なアイテムです。玄関マットには、家の中に入る時に外から持ち込んだ悪い運気を払い落とす役割があります。より運気を上げるためには、アクリルなどの化繊素材は避けて、コットンや麻などの天然素材のものを選びましょう。また、黒やグレーよりは明るく穏やかなカラー、水玉やチェックなどの人工的な模様よりは花や植物などの自然に由来する模様のほうが効果があります。悪い運気を吸い込むものなので、汚れたものを使い続けないように注意してください。

その5:鏡の置き方で運気を上げる

古来より日本では鏡は神聖なものとされてきましたが、風水でも良い運気を呼び込み悪い運気を退ける幸運のアイテムとして重要視されています。玄関に入って左側に鏡を置くと金運や材運、右側に鏡を置くと仕事運や健康運が上がるとされています。欲張って両側に置くと合わせ鏡になってしまうので注意してください。合わせ鏡は運気が往復して停滞してしまうので避けましょう。また、玄関正面に鏡を置くと入ってきた雲気を跳ね返してしまうことになりますので、真正面をずらして置いてください。

その6:観葉植物や花を置くようにする

運気が入ってくる玄関に観葉植物や花を置いて、運気を家の中に満ちあふれるようにしましょう。靴箱の上に置くのが良いとされていますが、ない場合はたたきを上がった内側に置くようにしましょう。金運を引き寄せる植物として有名なモンラスラは、日陰でも育ちますので太陽光が入りにくい玄関にもおすすめです。また、邪気を払う植物として知られているアイビーも適しています。花の場合は、ドライフラワーやアートフラワーは悪い運気や陰の気を引き込んでしまうので、生花か鉢植えにしてください。

その7:玄関に置いて良いものと悪いものを知る

玄関に置物を置く場合は、クリスタル製などの光を反射するものがおすすめです。良い運気を家中に発散する効果があります。カエルや獅子、龍や虎、そして干支を象った置物などは運気を上げますが、犬の置物はトラブルや事故など悪い変化をもたらすので注意してください。また、人形やぬいぐるみはせっかく玄関から入ってきた運気を吸収してしまうので玄関には置かないようにしましょう。大きな水槽は玄関にはふさわしくありませんが、金魚が入った小さな水槽などは下駄箱の上に置いても良いでしょう。

良い運気を招き入れ、悪い運気はシャットダウンする……それが玄関の役割です。それを助けるために風水の考え方がありますので、どうぞ難しく考えずに、玄関に良い変化を与えて幸運を呼び込みましょう。

あなたにとって運気UPになりますように!

…………………………………………………………………………

予約受付中!

『鑑定&教室』の申込は電話かメールでお願いします。

お申込み後、こちらから詳細・日時をお知らせします。

…………………………………………………………………………

占いの峰聖館 .o(^-^福)o.♪

大阪市東住吉区西今川3-2-4

06-6621-7946

080-1457-9662 (AM 9:00〜PM 9:00)

housei-v78@docomo.ne.jp

今晩は、飼い猫のPaoてす。

「グラサン大仏」すっげー! 桜とグラサン奇跡のコラボで大仏が帝王っぽくなる

某日日記

☆4月某日。

日本中にある多くの企業や団体とおんなじように自分が勤務する会社でも人事異動が発表された。

自分の会社の特徴としては2年おきに各部署の責任者(いわゆる課長職ね)の方々が変更されるとか、おんなじ課内の中でも職務担当をあっちゃこっちゃに移動させる、などなど、いろいろあるのよ。

おそらく社長をはじめとする上層部の方々の様々な思惑や作戦があるのかもしんない。

でも、どうだろう、独りでモノを作ったり、絵を描いたり、ギターで弾き語ったり、するんだったら個人的にヤリゃあいい。けど、組織となるとね、やっぱヒトとヒトとのつながりだったり、コンビネイションだったり、するからね。それは、バンドん時にメンバーみんなでガチャガチャ演るのにちょっと似てると思う。

大切なのはアンサンブルだと思う。メンバー間のコミュニケイションにおいても、その楽曲演奏においても、そして会社でのモノづくりにおいても。

今現在での弊社の不協和音、あの方々には届いてんだろうか・・・悪いけど俺はバンドマンだから不協和音にゃあ、ちとうるさいぜ(笑)

ま、不協和音的変則チューニングがお好みなら構わないけどね〜。

☆4月某日。

ザ・クロマニヨンズのライブに行った。

静岡市民文化会館というコンサート・ホール。“ライブハウス”じゃなくって“コンサート・ホール”。

俺にとっての「あこがれの人をライブで観る」って事に関して申し上げると「客席なしのギュウギュウなライブハウス空間でキャァ」よりも「指定席のコンサート・ホールでイェイ」の方が好きかな。

「あこがれの人の一挙手一投足をノリノリで、じっくり観たい」って感じです。

☆ライブが始まった。

俺の前席の女性もやっぱしノリノリだった。だがしかし、ノリがちょっと俺の感覚とは違ったんだ。                                                                                                                                                                                                                                                                                              

ビートの効いたロックンロールのライブつったら「コシを揺らす」とか「アタマを振る」とか「コブシを突き上げる」とか「ピョンピョン跳びはねる」とか、そんな感じだら。でも彼女は違った。

「あたしの希望を彼方に向けて解き放すわ〜」みたいな感じで両の手のひらを公園の噴水みたいに下から上に向けて「ショワぁ〜」ってやってたのさ。「なんだかな〜?」なんつー疑問符が俺の脳内を駆け巡った。

でも彼女の動作を見てるうちに「まあ、いいら、ヒトそれぞれだしね〜」なんつー大人な解釈をしちゃってる俺がいた。

だってボクは町内自治会の今期は組長。先週だって自治会費の取り集めで各家庭に訪問したぜ。その際だっていろんな方々とよもやま話をして、相づちを打ったりしちゃってね。

忙しかった4月某日なのさ。

クロマニヨンズの4人は静岡市民文化会館のステージで光り輝いていました。きゃぁー。

俺のスターが、やっぱり、その日も、そこに、いたんだ。もうサイコー!

☆4月某日。

友人のギターリスト、オグちゃんのバンドのライブを観に浜松窓枠《第37回J-POP祭》へ。

オグちゃんのバンドは最後に出演。彼はギターが本当に上手い。そう思ったライブだった。

選曲の中にユニコーンの『すばらしい日々』があった。これが矢野顕子さんがカバーされたヴァージョンらしく、へぇ〜って思った。初めて聴いたけど、その曲は矢野節炸裂の楽曲だった。カバーだけどアッコちゃんは自分の感じを出してる。すばらしいと思った。カバーをする時の見本かな、俺にとって。おんなじ事、演ったってつまらんしね。だって、センスの見せどころだら、カバーってやっぱり。

オグちゃん、お疲れ様ね〜。

B.G.M.「SPARKS/FALLING IN LOVE WITH MYSELF AGAIN」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ザ・スリックスの次のライブはこちらです。

5月27日(土) 静岡騒弦《Our failure》

☆O/S 18:30/19:00 ¥1500(1d別)

☆出演

スーパービール!!!!

毎日が冒険

青春☆金属バット(豊橋)

THE SLICKS

and more…

写真は「スパークス/キモノ・マイ・ハウス」。

ん〜〜〜すごいバンド。それ以外の言葉、見つからんね。

カズレーザーさんってご存知?

昨日の

「ヒルナンデス!」

「有吉の超限定マーケティング

というコーナーで

「将来銅像になる人物」を

ゲストが予想する中、

カズレーザーさんが

私の名前を出して下さったそうです。

カズレーザーさん

ありがとうございました!

メイプル超合金

神のご加護を\(^o^)/

http://www.ntv.co.jp/hirunan/friday/

「さっきと同じ力?」・・「元に戻してみますか!?」

氣光整体療法の術者は

『波動測定器』であり,且つ『波動治療器』だと思います。

そして、氣光整体療法とは、自分が始めていながら

毎日やっていて《不思議だな!?》と感じ、

また、“チャンネル”に感謝するだけです。

その不思議さを『言霊波動確認法:不思議10句+α』としてまとめていますが

その一つに、以下の「元に戻す」というのを入れています。

*******

『言霊波動確認法:不思議10句+α』

7)【不思議なり “言霊波動” 確認法 元に戻すも 可能とは】

「治療前の状態に!(過去に戻す)」、

「治療後の状態に!(再度戻す!)」も可能です。

これは、セミナーで、複数の参加者に、

同じ施術・治療体験をしてもらうためにやり始めた方法ですが、

患者さんに納得ずくの施術・治療にも応用できます。

また、現在は、治療法を省略化する傾向にありますが、

「もともと異常が存在しなかったのかも知れない?」ということに成り兼ねません。

そこで、治療前に“戻して”、確かにこの療法で、

異常が解消されている事を確認するためにも・・

即ち、新治療法の効果確認・確立の上にも大いに役に立ちます。

また、スポーツなどへの応用として

『タイマーテクニック』で(未来への)“予約施術”も可能です。

*******   *******

日常の施術・治療では、

刺激痛設定で、異常のある箇所を言霊波動確認(検査)して、治療後

異常が無くなったかどうかを確認するために、

再度、同じように確認作業を行います。

殆ど、反応が無くなるのですが・・

患者さんの中には

「先生!さっきと同じ力ですか?」と、聞いてくる人もいます。

そこで、「じゃ、治療前に戻してみますか?」と、やってみることがあります。

“治療前に戻して”から、

同じ箇所を、同じ力でやりますと「痛い!痛い!」ということに。

********

この“戻し”というと、思い出すのは・・もう10年以上前になりますか。

ある先生のところに“モンモン(刺青)”の強面お兄さんが

患者として来院したそうですが・・治療後

「余計に痛くなった!どうしてくれる!」と、イチャモンを付けられたそうです。

その先生、最初はどうしていいか困ったそうですが

私がセミナーで時々やっている『“戻し”テクニック』を思い出して

「治療費はいらないから・・その代わり、元に戻します!」

と、“パチン!”とやったそうです。

痛かったものを治療後に、治療前に戻しますと、余計痛みを感じますから

「あイタタタ〜!」となり・・

平謝りに謝られて・・一件落着だったとのことでした。(大笑)

*******   *******   *******

出来るためには条件が必要です・・・・

セミナーの予定

◎5月14日(日):福井教室『伝授・基礎&実践セミナー』

会場:福井教室:氣光整体東陽 (随時開講)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/

◎5月21日(日):静岡教室『伝授・基礎&実践セミナー』

会場:静岡教室:いっ歩様 http://www.ippo2006.com/

氣光整体(氣光エネルギー整体療法):http://www.t-kikou.com

●氣光整体療法“3つの伝授”●

【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、

【(「言霊・対話・徒手確認法(言霊波動確認)」のための)対話回線伝授】、

【応用法伝授】

八田與一さんの特集

関西の番組で、「ビーバップ!ハイヒール」というのがあるそうです。

https://ssl.sp.asahi.jp/program/be-bop/index.php

2011年9月22日放送は八田與一さんの特集だったらしく、ブログに残している方がいらっしゃいました。

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1068.html

分かりやすかったので、みなさんとシェアしたいと思います。

内容紹介ここから____________________________

【日本人は知らない!台湾の教科書に載っている日本人】

 200億円!!

 東日本大震災の被災者を案じ、台湾の人たちが送ってくれた義捐金の額だ。

 9割は一般人からの寄付だった。

 台湾では、地震発生直後から、テレビで緊急特番を放送。

 多くの有名人や政治家、総統までもが日本の危機的状況を訴え、支援を呼びかけ続けてくれた。

 なぜ台湾の人たちは、そんな大金を日本のために送ってくれたのか?

 ……1895年、日清戦争に勝利した日本は、台湾を治めることになった。

 日本は、国内の食糧不足を補うため、台湾の農業強化を打ち出した。

 しかし、台湾一大きな嘉南平野は、作物がほとんど取れない。

 原因は水事情の悪さ。

 乾季は日照りで飲み水さえないが、雨季には洪水が絶えず起きるという有様。

 そこに、日本から土木技師として派遣された男がいた。

 八田與一

 彼はダムを建設するため、水源や地形の調査にやって来たのだ。

 台湾総督府に上申する八田。

 「ダムに最適な場所は、ここ、烏山頭(うさんとう)地区です。大規模なダムが造れます」

 が、台湾総督府は難色を示す。

 「こんな大きなダムは不可能だ!もう少し規模を小さくしなければ」

 食い下がる八田。

 「それでは水量が少なく、平野全体に水が行き渡りません」

 「しかし予算がない…」

 「一時しのぎではダメです。農民たち全体が豊かにならなければ、造る意味がありません!」

 工事費用は莫大で、台湾総督府総予算の3分の1にもなる。

 金額的にも規模的にもあまりにも大きすぎて、誰も本当に実現するとは思わなかった。

 しかし、小さいダムでは水が行き渡らず、住民の格差が生まれてしまう。

 彼は自分の思いを曲げず、計画書を何度も練り直した。

 3年後の1920年、粘り強い交渉の末、八田は、費用の半分を農民たちも担うことを条件に、ダムの建設許可を勝ち取った。

 ところが、地元住民は大反対。

 「なぜ我々がお金を負担しなくてはいけないんですか!」

 八田はダムの必要性を必死で説いた。

 「ダムができれば必ず豊かになる。皆さんの子供や孫たちの世代が、安心して暮らせるんです」

 「僕たちは騙されないぞ!」

 住民の無理解など、問題を抱えつつ、何年続くか分からないダム建設がスタートした。

 日本人・台湾人合わせて約2000人が、険しい山奥での力仕事に従事。

 しかし、衛生状態も悪く、労働環境はまさに最悪だった。

 そこで八田は、環境改善のため、上司に要請。

 「家族と住める宿舎を作って下さい」

 「何を言ってるんだ。我々が必要なのは労働力。女、子供は必要ない」

 「しかし、家族と離れ離れでいい仕事などできるわけありません!」

 八田の要請が受け入れられ、工夫(こうふ)が家族と一緒に住めるよう、工事現場の近くに小さな町が作られた。

 そこには、学校や病院などの公共施設や、映画館やテニスコートなどの娯楽場もあった。

 集会所に集まってゲームをしたり、定期的にお祭りを開いたり、工夫たちはここでの生活を心から楽しむことができた。

 台湾の工夫たちとも家族のように接する八田。

 上からではなく、同じ目線で仕事をする彼の姿勢に心を打たれ、台湾の人たちも次第に心を開いていった。

 地元の反対も弱まり、全てが上手く行くように思われた。

 そんな時……

 1923年、関東大震災が発生。

 日本は、台湾のダム建設どころではなくなった。

 八田は、台湾総督府からダムの建設予算の大幅カットを言い渡される。

 「台湾人半分のクビを切って、何とか工事を続けてもらえんか?」

 この噂は台湾人工夫たちの間にも広まった。

 「俺たち、そろそろクビらしいぞ」

 「そうらしいな…。日本人が優遇されるのは仕方がない…」

 ところが、何と八田が解雇したのは日本人ばかりだった。

 台湾人工夫たちは驚き、なぜ自分たちを優遇して残したのか、その理由を尋ねた。

 すると八田はこう答えた。

 「当然ですよ。将来このダムを使うのは君たちなんですから」

 日本人は日本でも仕事ができる。

 台湾人はこの地でずっと生きていく。

 自分たちのダムは自分たちで造ってほしい。

 それは八田の思いだった。

 工夫たちは、八田を心から信頼するようになった。

 そんなある日……

 ダムの現場で爆発事故が発生。

 死亡者50人以上、負傷者100人以上の大事故だった。

 八田は、取るものも取り敢えず急いで遺族の家に駆けつけた。

 土下座し、遺族に詫びる八田。

 「申し訳ございません!あなたのご主人を殺したのは私です!」

 大切な人の命を奪ってしまった。

 いくら謝っても謝りきれない……。

 未亡人はしかし、八田にこう話しかけた。

 「八田さん、頭を上げて下さい。主人は、ダムの仕事を誇りに思っていました。八田さん、どうか立派なダムを造って下さい!」

 亡くなった工夫たちは、自分と同じ思いを抱いていてくれた。

 家族にも語ってくれていた。

 八田は決意を述べた。

 「必ず、必ずダムを完成させてみせます!」

 多くの仲間を失いつつも、残された人々は懸命に工事を続けた。

 そして1930年、10年の歳月を経て、ついに東洋一の大きさ(当時)を誇る烏山頭ダムが完成。

 不毛の地と言われた嘉南平野は、米・サトウキビなどが豊富に獲れる、台湾一の穀倉地帯へと生まれ変わった。

 台湾の人たちは、ダムを見渡す丘に、八田の銅像を建てた。

 それは、考え事をする時の姿。

 八田の物語は、台湾の教科書に載っていて、今でも彼の命日には、毎年ここで慰霊祭が行われている。

 今回、日本に送られた200億円の義捐金

 それは、70年の時を経て、八田への思いが恩返しの形で届けられたのかもしれない……。

【スタジオトークより】 

 八田の銅像はなぜああいうポーズになったのか?

 波田野毅氏曰く、「八田氏は、銅像を造ることを嫌がった。人を見下すような感じでどうも…ということで。が、台湾の方々のたってのお願いで、普段着の作業服を着て、しかも小さめに座っているという形で造られることとなった」。

 続いて、現代台湾の「親日」について。

 台湾では日本文化が非常に流行している。

 レギュラー出演者で作家の筒井康隆氏の小説も出版されている。

 また、マンションなどの不動産名を日本語名にすると、人気が上がるとのこと。

 マンション名としては、「芥川賞」「甲子園」「桜木花道」などと名付けられたものが実在する。

 また、ブラマヨ吉田がかつて台湾に行った時の話を披露。

 吉田は、“セクシー系”のお店から「お兄ちゃん来ない?」ということで配られる名刺のようなものをもらったのだが、そこには店名として、平仮名で「おのさん」と書いてあった。

 店の人に聞くと、「日本語が名刺に書いてあるだけで、客が来る」という話だった。

 ____________________________内容紹介ここまで

 八田與一に関しては、もちろん番組で紹介された以外にも様々なエピソードがあります。

 個人的には、外代樹(とよき)夫人についても取り上げてほしかったです。

110923-11fusai.jpg

 画像の右が八田與一、左が外代樹夫人です。

 【画像はノムさん様のサイトより拝借いたしました】

 與一は大東亜戦争の最中の1942年、陸軍に徴用されてフィリピンに向かう途中、乗っていた船がアメリカの潜水艦に撃沈され、この世を去りました。

 3年後の1945年、戦争に敗れた日本人は、一人残らず台湾を去らなければならなくなりました。

 外代樹はその年の9月1日、與一が手がけた珊瑚潭の烏山頭ダムの放水口に身を投げたのです(T^T)

 そして1946年12月15日、嘉南の農民たちによって八田與一夫妻の墓が、その地に建てられたのでした……。

 起こしは省略させていただきましたが、この日は他に、

 インド各地の砂漠地帯や土砂崩壊の地域を緑化し、インドで「緑の父(グリーン・ファーザー)」と呼ばれる杉山龍丸。

 イースター島で倒れたままだったモアイ像を立ち上げた、香川県のクレーンメーカー「タダノ」の奮闘物語。

 などが紹介されました。

 これらについて知りたい方は、以下のサイトを!(^o^)

・ふくおか先人資料館>杉山龍丸

・ネットゲリラ>杉山龍丸(08/10/11)

・株式会社タダノHP>モアイ修復プロジェクト

・ある夫婦の世界一周プロジェクト!>イースター島で見つけたCOOL JAPAN!(11/3/21)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※コメント欄には、記事に寄せられた後日談がありました。

以下抜粋です。↓

お久しぶりです。

くっくりさんの今回の記事を 私のブログに使わせていただいたところ、

次のようなコメント ↓ をいただきました。

 http://eight-americann.seesaa.net/article/227734951.html

八田與一銅像には、こんなエピソードもあります。

戦争末期、銅像がダムのほとりから姿を消しました。

金属として供出する為に撤去されたのですが、なぜか行方不明となりました。

実は地元の方によって、近くの駅の倉庫に隠されていたことが判明します。

戦後、国民党政府が日本統治時代の痕跡を抹殺することに躍起になっていた間も隠し続け、蒋経国の時代となって、ようやく表に出されました。

台湾の人たちが「国民党政府」から銅像を守っていたのです。

ありがたいことです。

歴史を知らない日本人であってはいけませんね。」

このコメントを拝見し、涙が出ました。

日本が敗戦し、台湾から日本軍が引き上げた後に 蒋介石 率いる国民党(外省人)が台湾にやってきたわけですが、

その際、国民党政府が躍起になって日本統治時代の痕跡を抹殺したのですよね。

その中に 八田與一氏の像もあったんですね。

それを 台湾の方々が守ってくれた!

八田與一氏の像を、日本の心を守ってくださったのです。

私は、日本統治時代に台湾に大規模なダムを造った日本人がいる、ということは知っていましたが、

これほどにも 台湾の方々との心のつながりがあったことは知りませんでした。

こういう歴史を,いったいどれだけの日本人が知っているのでしょう…?

日本人は歴史を知らない。

その通りだと思います。

こういった歴史を語っていくことは、けして歴史を美化することではないのです。

真実を知り、真実を語っていくこと。

これが将来の日本のためになると思っています。

いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

     えいと@

えいと@ | 2011/09/27 11:18 PM

以上です。

今回、八田與一さんの像の首が落とされた事は、本当に悲しい事でしたが、

しかし、私はこれがきっかけでこの記事にたどり着き、皮肉にも、落とした方の意図とは真逆の反応が、私の中に湧き起こりました。

八田さんの情熱と、台湾の皆さんが守り抜いた絆。

今も続いている事に感謝、感動しました。

皆さんはいかがでしょうか…。